ホーム アーカイブ ウッドカヌーとは

title

板張りボート

■トーラ
トーラの構造 ソロモン諸島のカヌー。
板張りの舟は普通真っ直ぐな板を曲げて必要な形にするが、このトーラの作り方は変わっている。
1枚1枚の板を必要な形に削って作るのだ。次に、籐のひもで結び合わせ、板に残された突起部(ラグ)に肋材を結びつける。 そして、板の継ぎ目は両面から樹脂を塗って滑らかに仕上げてある。
図のように肋材はかなり太い。これに、板の座席が取り付けられている。


■サンパン
中国のサンパン 中国南部の川、湖、運河で使われる小舟。
地方や用途によって何百種類もある。

右図のサンパンは、漁師から魚を集荷するためのもので、いけすが備えられている。船尾が大きく空いており、船外機を取り付けるようになっている。


■インドの舟
板が結び合わされている インド南東部のマドラスの港が出来る前は、沖の大型船から岸まで人や荷物を運ぶのに右図のようなボートが使われた。
それぞれの板は穴が空けられてロープで結び合わされている。ロープの結束力はそれほど強くないので波を受けると柔軟に動いた。
水漏れを防ぐ工夫 インド東海岸の漁師は今でも右図のような方法で舟を作る。
ココナツの繊維などを板の継ぎ目に詰めて、ロープ(これもココナツの繊維で作る)で結び合わせる。
右は断面。


■ゴンドラ
左右非対称のゴンドラ ベネチア(ベニス)のゴンドラはあまりのも有名。テレビでも良く目にする。両端が大きく反り上がった特徴的な形はとても美しい。
ゴンドラは水上都市ベネチア市民の生活に密着している。
ゴンドラは、右図のように右舷より左舷の方が広くなっていて、全体に捻れているような感じがする。このため、オールで片側を漕ぐだけで真っ直ぐ進むことが出来るのだ。
また、船首には鉄製の飾りが付いている。これは、船尾の漕ぎ手とバランスを取るオモリの役も果たしている。


■ドーリー
ドーリー アメリカ、カナダ、ヨーロッパなどのタラ漁師がニューファンドランド沖の大西洋で使った舟。
特徴は、舟の内部の座席や道具入れ、マストなど全て取り外すことが出来ることで、6隻も積み重ねることが出来た。漁場まで母船に積んで運ばれた。


いかだ獣皮ボート樹皮カヌー板張りボート
ホーム アーカイブ ウッドカヌーとは

Hiro Wooden Canoe Shop
Copyright(C)1997-2013.Hironori Nagase