ホーム カヌーよもやまばなし

title

「タイタニック」のはなし

皆さんは、映画「タイタニック」をご覧になられましたか?
カヌーとはあまり関係ないかもしれませんが、たまにはちょっと脱線してみましょう。
撮影には、多くの模型が使われましたが、カリフォルニアの Western Boatworks 社によって2つの模型が作られました。
一つは1/8スケールで、船の半分から後ろだけの模型で、長さは60フィート(約18m)。もう一つは1/20スケールの完全なもので長さは40フィート(約12m)。
作り方は普通のボートを作るのと全く同じで、フレームの上に板をプランキングして、エポキシ樹脂でコーティングするものです。ストリプカヌーの作り方も似た様なものですが。
全部でドラム缶6本分ものエポキシ樹脂を使用したということです。
(ちなみに、使用したエポキシ樹脂は WEST SYSTEM 社製で、私がアメリカでカヌー作りに使っていたものと全く同じものです)
1/8スケールの模型は、最後に船が縦になって沈没するシーンで使われました。
そのため沈んでも大丈夫なように設計されました。模型全体が沈むような深い水槽がないので、10フィート(約3m)ずつ船を切断しながら、徐々に沈没するシーンを撮影したという事です。
1/20スケールの模型は保存されているそうです。
それにしても、1/20スケールの模型でも何人も人が載れそうですね。



ホーム カヌーよもやまばなし

Hiro Wooden Canoe Shop
Copyright(C)1997-2013.Hironori Nagase