ヒロウッデンカヌーショップ

目的別商品ガイド

エポキシ作業に必要なもの。目的別の商品ガイド

あなたは何にエポキシを使いますか?
エポキシ作業に必要な基本的なものは大きく次の4つに分けられます。

(1)エポキシ / 接着剤 / フィラー / ファイバーグラス

→ 低粘度エポキシ | パテ | 接着剤 | フィラー | クロス
これがなければ始まりません。目的に合ったエポキシや接着剤を選びましょう。
エポキシのほかに、粘度調整やパテを作るならフィラーが必要。
ファイバーグラッシングや補強にはファイバーグラスが必要。様々な種類のものがあります。

(2)エポキシ計量や混合のための道具

→ 計量・作業道具
目盛り付きカップも1オンス(30ml)から12オンス(360ml)までありますので用途に応じて選べます。1回の使用量がごく少量の場合(例えばルアー1個に塗るなど)は1オンスカップで十分でしょう。カヌーやカヤックなどのファイバーグラスコーティングには12オンスカップで十分です。
量り取ったエポキシを混ぜるのに道具が必要です。エポキシがごく少量なら割ばしでも使えるが、量が多い場合は割ばしのような細いものでは完全に混合できません。混合ヘラがおすすめです。

(3)塗るための道具

→ 計量・作業道具
細かい所へのエポキシ塗布にはグルーブラシが便利です。曲面にはハケがおすすめ。平らな広い部分にはフォームローラーが便利です。
ファイバーグラッシングにはハケやローラーの他にスクイージー(ヘラ)が必要。フィレッティング(パテの盛り付け)にはシリンジなどもあると便利です。

(4)その他にも・・・

●保護手袋 → その他
エポキシを扱う時は必ず保護手袋を着用してください。繰り返し接触すると稀に炎症を起こすことがあります。

●洗浄用の溶剤 → 塗料
エポキシを使ったハケなどの道具を洗ったり、エポキシの汚れを拭き取ったりするのに必要です。エポキシにはラッカーシンナーがよいでしょう。

●屋外での使用にはエポキシ保護塗料 → 塗料
エポキシ作品を室内で使う場合は問題ないですが、ボートなど屋外で使うものには紫外線による劣化から守るために塗装が必要です。システムスリーエポキシ用に開発されたスパーウレタンヴァーニッシュ(油性ニス)やWR-LPU(水性ポリウレタン塗料)がおすすめです。


次に具体的に何が必要か説明しましょう。

■木製のカヌー/カヤック/ヨット/ボートの製作・コーティング・修理

シルバーチップマリンシリーズの5つの製品で全て対応できます。
「シルバーチップエポキシ」(ファイバーグラッシング、コーティング用エポキシ)
「ゲルマジック」(木材、ファイバーグラスなど多孔質な材料用の接着剤)
「メタルウェルド」(金属など非多孔質な材料用の接着剤)
「EZフィレット」(硬質のフィレッティング用パテ)
「クイックフェアー」(研磨が容易なフェアリング用パテ)

または万能タイプの「システムスリーエポキシ」でも作業はできます。
ファイバーグラッシングにはファイバーグラスクロスやファイバーグラステープが必要。またファイバーグラッシング作業にスクイージーは欠かせません。
接着、フィリングに使用するにはフィラーが必要です。
屋外で使用するボートにはエポキシの上に塗装が必要です。システムスリーエポキシには専用のスパーウレタンヴァーニッシュかWR-LPUがおすすめです。

■FRPボートゲルコートブリスター(オズモシス)の補修

FRPボートのゲルコートブリスター(オズモシス)の補修には、万能タイプの「システムスリーエポキシ」「クリヤーコート」がよいでしょう。
フェアリング用のパテは「クイックフェアー」がおすすめです。
自分でパテを調合するなら、研磨しやすいフェノリックマイクロバルーンがおすすめです。
ゲルコートブリスターの補修方法について詳しくは「ゲルコートブリスターの補修ハンドブック」を参照ください。

■木工

●目止め、木固め、木口固め
「システムスリーエポキシ」でほとんど対応可能です。
木材によりよく浸透させるには「システムスリーエポキシ」より粘度が小さい「クリヤーコート」(無色透明)がおすすめ。木材補修用の「ロットフィックス」はさらに浸透性が優れています。(薄茶色)

●木材の接着
たれにくくて使いやすい「ゲルマジック」や 可使時間の長い「T-88」や短時間で硬化する「クイックキュアー」も便利です。
万能タイプの「システムスリーエポキシ」フィラーでも接着は可能です。

●コーティング
防水のためのコーティングなら「シルバーチップエポキシ」「システムスリーエポキシ」がよいでしょう。シルバーチップエポキシはほとんど無色、システムスリーエポキシは多少色が付いています。
テーブルや洗面台の天板には「ミラーコート」がおすすめです。つやのある美しいコーティングができます。

■木材の補修

腐って欠損した木材の修復には、「ロットフィックス」「スカルプウッド」がピッタリです。低粘度エポキシのロットフィックスを含浸させて木部を補強し、スカルプウッド(エポキシパテ)で形の修復をします。
エポキシでの補修前に防腐剤(ティンボア、ボレートロッド)で処理しておけば今後の腐食の進行をストップすることができます。
ロットフィックス、スカルプウッド、防腐剤などがセットになった「エンドロット」もあります。小規模な補修であれば「エンドロット」で十分に対応できます。
◎補修の具体例は こちら

■サーフボード/セールボード製作・修理

サーフボード/セールボード製作には、専用に開発された「SB-112」が最適です。ポリエステルレジンより強く丈夫なボードを作れます。
「シルバーチップエポキシ」もおすすめです。
細かい傷や穴の修理や外れたフィンの接着には「システムスリーエポキシ」でも十分でしょう。
修理でフィラーを使うなら、シリカシックナー(白)、キューセル(白)、ミルドグラスファイバー(透明)などがよいでしょう。

■フィッシングロッド、ウキ、ルアーの製作・修理

コーティングは「シルバーチップエポキシ」がおすすめです。
扱いやすく美しい仕上がりです。耐候性や耐黄変性にも優れます。
木材の下地固めには浸透性のよい「クリヤーコート」も使用できます。
黄変を防ぐには、「WR-LPUクリヤーつやあり」の上塗りをおすすめします。

■その他

その他ほとんどの修理などには「システムスリーエポキシ」「フィラー」で対応できるでしょう。

接着には、たれにくくて使いやすい「ゲルマジック」、 可使時間の長い「T-88」や短時間で硬化する「クイックキュアー」も大変便利です。
金属類の接着には「メタルウェルド」がおすすめです。

●FRPボートの修理
●カウル、FRPパーツの修理
●FRP成形 → 型取りには「離型剤」が必要です。
●陶器のひび割れ修理、欠け修理
●楽器の修理
●金属の接着には「メタルウェルド」がおすすめです。

その他あらゆる場面で利用できるでしょう。


何か分からないことがありますか?
お問合せの前に「よくある質問と回答」のページをご覧ください。
よく尋ねられる質問と回答をまとめています。 →  「よくある質問と回答」