ホーム  目的別商品ガイド ショップのご利用方法  注文・見積・問合せ


ロットフィックス

ロットフィックス(1.5パイントセット)

傷んだ木材を修復できる超低粘度エポキシ

ロットフィックスは扱いやすい木材修復用の低粘度エポキシです。
傷んだりスポンジ状になった木材に深く含浸し、強くて耐水性のあるベースを作り、補修・修復を可能にします。
防腐処理をする場合は、ロットフィックスを塗布する前に行ってください。防腐剤は、ティンボア水溶液あるいはボレートロッドがおすすめです。市販の防腐剤の使用には注意が必要です。油性のものや塗膜を作る防腐剤(防水効果を持つもの)を塗布するとロットフィックスが浸透しなくなります。
1.5パイントセット(右写真)には専用の計量ボトルが付属しており正確に簡単に計量と混合ができます。1.5パイントセット以外のセットには計量ボトルは付属していません。計量ボトル(1500S10)は単品でも販売しております。なお、計量ボトルで計量・混合できる量は約60ml〜210mlです。ごく少量あるいは多量を計量する場合は、計量カップの使用をおすすめします。
ロットフィックスはエンドロットにも含まれています。
1.5パイントセット(約710ml)でおおよそ80センチ四方(0.6平方メートル)のエリアを補修できます。ただし木材の種類や状態などにより補修できる面積は異なります。
米国製。日本語取扱説明書付き。

<用途> ロットフィックスは傷んだ木材に深く浸透し、強くて耐水性のあるベースを作ります。さらに木材補修用パテのスカルプウッドを使えば形が崩れてしまった木材でも元の形に修復できます。屋外でも使えます。

◎おすすめする木材補修の方法を分かりやすく解説しています。ぜひご覧ください。⇒ 「木材補修の方法」

◎次のページもご覧ください。⇒ 「木材補修の実例」

ロットフィックスの塗布例
 <特性表>
混合比(体積比) ・・・ 100:50
混合比(重量比) ・・・ 100:43
固形成分 ・・・ 100%(揮発性溶剤は含みません)
混合後の粘度 ・・・・ 325cps
混合後の色 ・・・・・・ 薄茶色
硬度(shore D、24時間後) ・・・ 75
ゲル時間(25℃)(100g) ・・・・ 30分
硬化時間(25℃)(100g) ・・・ 8時間
作業可能最低温度 ・・・ 2℃

詳しい技術資料について
MSDS(製品安全データシート)(オリジナル英語版)


<木材補修のビデオ>
木材補修のビデオ
「百聞は一見に如かず」
エポキシの扱いを動画で見てみよう
防腐剤、ロットフィックス、スカルプウッドパテとペーストの使い方の実演です。
(※メーカー製作の英語版です)



■ロットフィックス価格

品番ロットフィックス 容量 (各製品の画像)価格(税込)在庫
1500K06ロットフィックス 3オンスセット(約90ml)1800円
1500K81ロットフィックス 150mlセット2800円
1500K83ロットフィックス 300mlセット3800円
1500K40ロットフィックス 1.5パイントセット(約710ml)6400円
1500K42ロットフィックス 3パイントセット(約1.4リットル)10100円
1500K44ロットフィックス 3クォートセット(約2.8リットル)18800円4
1500K46ロットフィックス 1.5ガロンセット(約5.7リットル)26300円
1500S10ロットフィックス用計量ボトル480円
※表示量は主剤と硬化剤の総量です。(例:150mlセットは主剤100mlと硬化剤50mlのセットです)
※2液のセットのみでの販売です。主剤あるいは硬化剤のみでの販売はありません。
※150ml、300mlセットは当店で小分けした商品です。メーカーオリジナル容器ではありませんのでご了承ください。
※計量ボトルは1.5パイントセットにのみ付属しています。
(在庫/◎:5以上あり、×:在庫切れ)
各製品の画像 商品の入荷予定


◎こちらも合わせてどうぞ ⇒「木材の補修ハンドブック」(470円)

何か分からないことがありますか?
お問合せの前に「よくある質問と回答」のページをご覧ください。
よく尋ねられる質問と回答をまとめています。 →  「よくある質問と回答」
この製品に関するよくある質問
・木材の補修にどれくらいの量のエポキシやパテが必要なのか見当が付きません。
・木材の補修時にティンボアやボレートロッドといった防腐剤はやはり使った方がよいのでしょうか?
・補修面に古い塗料が残っていますが、これは剥がしてからエポキシを塗った方がよいでしょうか?
・木材にエポキシを染み込ますとどれくらい強くなりますか?



ホーム  目的別商品ガイド ショップのご利用方法  注文・見積・問合せ

Hiro Wooden Canoe Shop
Copyright(C)2001-2017.Hironori Nagase